ギャラリー


昨年に続き長野県代表として全国大会に出場します。

若葉全国大会 長野県予選
チームイシバジャパン NAGANO
駒ヶ根支部  優勝!

会場:松本市広域公園総合体育館 
令和元年6月9日
今年の若葉男子チームは怪我や病気が多く!当日にならないとオーダーが組めない非常事態でしたが、1試合毎に絆が太くなり、団結心も強くなり!奇跡の優勝を果たしました。
何と!男子チーム長野県予選3連覇の快挙です!
石場監督が初めて駒ヶ根に来て下さり講習会を開いて下さいました!夜は打ち上げ会を行い楽しく過ごしました。この頃は二人ともに痩せていますね。
まだ支部誕生前の貴重な2ショットです。
2018年はアベック優勝の年!ABC全国出場、若葉全国出場、ジュニアグランプリ、全小団体出場を果たしました。支部史上最高の成績を残した年となりました。
 
2017年の最後は天優と智也の全小長野県団体メンバーとして出場!団体ベスト16です
2017年、男子チーム悲願の若葉カップ出場を決める!男子キャプテン6年天優を胴上げ!
2017年、全国中学生体育大会に北信越ブロック第3代表で出場し、見事個人戦ベスト16に入りました。
2017年、全国中学生選抜大会の県代表メンバーに綾菜と桃香と佳奈が入り!
県団体をベスト16に導く大活躍です。
2016年ABC大会長野県予選で、矢崎智也が支部として初めて個人での全国出場を果たし、見事決勝トーナメント進出!ベスト32でした。
またこの年、矢崎智也は4年ダブルスでも北信越を勝ち抜き!4位で全小出場を果たし
長野県選抜団体代表にも名を連ねました。
本部の10周年を駒ヶ根支部の有志でお祝い致しました!

2014年、全国小学生新潟大会に県代表選抜としてクラブ員4名が出場いたしました。
2013年、悲願の若葉カップ初出場!
3年目は念願の日体大での練習参加をさせて頂き大感動です。
2年目で東京本部へ遠征した時の写真です。メンバー総勢10名しかいません!
駒ヶ根支部初期の頃のメンバー写真です

2019年5月9日
恵泉女学園大学学長へ表敬訪問

チームイシバジャパン所属のOG林海央がパラリンピックトルコ大会で見事女子ダブルス優勝しました。
前回、学長さんと写真を撮るのを忘れてしまい、今回優勝報告させて頂き今回は無事に写真を撮ることができました。和やかに優勝報告をさせていただきました。

2018年末に日本チャンピオンとなりパラリンピック日本代表としてパラナショナルチーム入りし、今年から東京オリンピックに向けて3月末には初の海外試合に出場、見事女子ダブルスで世界一になった途端、クレームがはいり認定が取り消しとなり帰国し引退!年末から数か月間で激動の日々を過ごしたミオは逞しく次の道を前を向いて歩き始めました。死を覚悟し生き永らえ、日本一、世界一と振れ幅が半端ない!これからもミオを応援宜しくお願いします。

2019年3月卒業のこはるキャプテンの送別会が行われました。毎年恒例行事ですが毎回泣かされます。
こはるから監督コーチ陣にひとりひとりにこはるが感じたインスピレーションの一言を書いてくれました。
私への一言は「肉」です!やられました!
まきコーチからは毎年写真が贈られます、みんなまだまだ下手なのに上手い人のように写っています。
新キャプテンが発表されました、中学の部はキャプテンゆうや、副キャプテンてん、小学の部はかおるキャプテンです。今年1年間嫌われ役に徹し頑張ると決意表明がありました。

みお、はたさん  オリンピレースに向かうに際し壮行会がサプライズで行われました。うちのクラブはとにかくサプライズが大好きなんです。今回はこはるが最後の仕事として中学生が中心になりお祝いのダンスを自分たちで作って披露してくれました。短い間での練習はみんな大変だったと思いますがとても素晴らしい出来栄えでした。変態中学生軍団は最高、その横で盛り上げている後輩たちも最高狂っていました。

思いっきり楽しむ時は楽しむそれがチームイシバジャパンなのです、イベントや行事を大切にしています。仲間に対しての思いを伝えるこの行事はこれからの人生で役に立つことです。
うちのクラブは父兄の協力はこの行事やイベントのときだけですがいつも盛大にして頂き感謝します。
ありがとうございました。素敵な送別会と壮行会ができました。
クラブのグループラインのノートには本蔵さんカメラマンが沢山撮ってアップしてくれています。
本当に本蔵さんカメラマンありがとうございました。これからも行事の時は宜しくお願いします。

店内イメージ

OGのミオは数年前に骨肉腫ガン ステージ4という病にかかり苦しい闘病生活を乗り越え生死の縁から復活し昨年パラバドミントンに挑戦しました。見事日本チャンピオンとなりパラ日本代表に選ばれ2019年東京オリンピックレースに向けて古巣チームイシバジャパンに帰って来ました。みんなでオリンピックに出場出来るように猛特訓しています。皆さんの応援宜しくお願いします。

そして2019年3月より、ハタさんもチームイシバジャパンの一員に加わりました。現在世界第9位です、東京オリンピックに出場するためには世界第6位以上に入らないと出ることが出来ません。チームイシバが2019年最後には世界チャンピオンにして東京オリンピックに出場させてある為に現在技術テクニック習得猛練習中です。
こちらもミオ同様応援宜しくお願いします。


nagano支部 10周年記念式典

料理イメージ

2017年長野県駒ヶ根支部では10週年記念式典が開かれました。
小林監督はとても人として素晴らしい人格の方で長野支部の沢山の子供たちが救われています。
バドミントンとしての選手経験はあまりありませんが、子供たちを全国大会に沢山導いている偉大な指導者です。強い選手が優秀な指導者になるとは限りません、そういう意味では小林さんは全国でも指折りの指導者と言えます。2018年には全国若葉カップに男女アベック出場、ABCでは6年生男女アベック出場を果たしました。今やチームイシバ長野支部は長野県では一番の強豪チームと言えます。たった10年間でそこまで育てた小林監督には頭が下がります。


大親友

食材イメージ

隣の小さな巨人は日本全国で知らない人がいないくらいバドミントン界では超有名な八代東高校監督 権藤浩二です。高校時代からライバルとして日本体育大学ではダブルスのペアとしてそれ以来とても大切な大親友です。


私の親


両親には心より感謝しています。人として大切な教えを躾をしてくれました、私の心の精神の基本には親の教えが元になっています。人は考え方でその考え方がその後の性格を形成するとも言えます。基本の考え方本当に大切だと思います。父は市会議員を長年務め世の中の為に貢献していました、毎日のように家には沢山の方が押しかけ人の居ない日は無いくらいでした。その父を支えた母の存在があったからこそ父の活躍があったと思います。


 

ルディーハルトノ


インドネシアの英雄 世界チャンピオン ルディーとツーショット